product EXAMINATION

最上清流のカートリッジの特徴

最上清流のカートリッジには、一般家庭(5人家族)での年間平均使用水量と言われている約400tの水道水の処理を見込める浄化濾材を充填しています。有害な塩素、トリハロメタン、農薬、鉛を強力に除去します。

「最上清流」は、高性能カートリッジを搭載。水道水に含まれる残留塩素はもちろん、水に溶け込んだ有機化合物・農薬・鉛、不純物を除去した、「安心・安全な浄化・活性水」を精製します。

JIS規格(日本工業規格)に基づく浄水能力試験で
カートリッジの性能を検証

■遊離残留塩素ろ過能力性能

product

■溶解性鉛除去性能

product

■CAT除去性能

product

■総トリハロメタン除去性能

product

最上清流の水質試験結果

1.試験概要

検体を給水栓に取り付け、水道水(東京多摩市)を流量12L/minで10分間通水後、通過水及び水道水を各3L採水し、水質基準に関する省令(平成15年構成労働省令第101号)に示された15項目及び水質基準に関する省令の制定及び水道法施行規則の一部改正等並びに水道水質管理における留意事項について(平成15年健水発第1010001号)「水質管理目標設定項目の検査方法」の残留塩素並びにトリハロメタンについて試験した。

2.試験機関

財団法人日本食品分析センター(第505100424-001号)

3.試験結果

結果を表-1 及び2に示した。通水及び水道水は表-1の分析試験項目について水道法水質基準に適合であった。なお、通水時の水温は20℃であった。

【表-1】通過水の水道法水質基準試験結果

分析試験項目 基準 結果 検出限界
通過水 水道水
一般細菌 集落数100以下/ml 30以下/ml 30以下/ml
大腸菌 検出されない 検出せず 検出せず
鉛及びその化合物 0.01mg/l以下 検出せず 検出せず 0.001mg/l
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 10mg/l以下 検出せず 0.7mg/l 0.2mg/l
亜鉛及びその化合物 1.0mg/l以下 検出せず 検出せず 0.005mg/l
鉄及びその化合物 0.3mg/l以下 検出せず 検出せず 0.03mg/l
銅及びその化合物 1.0mg/l以下 検出せず 検出せず 0.01mg/l
塩化物イオン 200mg/l以下 8.6mg/l 5.4mg/l
蒸発残留物 500mg/l以下 84mg/l 88mg/l
有機物(全有機炭素(TOC)の量) 5mg/l以下 検出せず 0.4mg/l 0.3mg/l
ph値 5.8以上8.6以下 7.9(21℃) 7.6(21℃)
異常でない 異常なし 異常なし
臭気 異常でない 異常なし 異常なし
色度 5度以下 1度以下 1度以下
濁度 2度以下 1度以下 1度以下

【表-2】通過水の水質試験結果(水質管理目標設定項目の検査方法)

分析試験項目 結果 検出限界
通過水 水道水
残留塩素 検出せず 0.39mg/l 0.0005mg/l
トリハロメタン 検出せず 0.013mg/l
クロロホルム 検出せず 0.0099mg/l 0.0005mg/l
プロモジクロロメタン 検出せず 0.0027mg/l 0.0005mg/l
ジブロモクロロメタン 検出せず 0.0005mg/l 0.0005mg/l
プロモホルム 検出せず 検出せず 0.0005mg/l

4.試験方法

試験方法を表-3に示した。

【表-3】通過水の水質試験結果(水質管理目標設定項目の検査方法)

分析試験項目 試験方法
一般細菌 標準寒天培地方
大腸菌 特定酸素基質培地法
鉛及びその化合物 誘導結合プラズマ質量分析法
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素 イオンクロマトグラフ法
亜鉛及びその化合物 誘導結合プラズマ発光分光分析法
鉄及びその化合物 誘導結合プラズマ発光分光分析法
銅及びその化合物 誘導結合プラズマ発光分光分析法
塩化物イオン イオンクロマトグラフ法
蒸発残留物 重量法
有機物(全有機炭素(TOC)の量) 全有機炭素計測定法
ph値 ガラス電極法
官能法
臭気 官能法
色度 比色法
濁度 比色法
残留塩素 吸光光度法
トリハロメタン
クロロホルム ガスクロマトグラフ法
プロモジクロロメタン ガスクロマトグラフ法
ジブロモクロロメタン ガスクロマトグラフ法
プロモホルム ガスクロマトグラフ法

※トリハロメタンとは、クロロホルム、プロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、プロモホルムの総称です。

「残留塩素」「鉛」「発がん性物質トリハロメタン」について

飲んだり食べたりして口から入る以外に、皮膚と反応したり、入浴やシャワーで呼吸とともに体内に入ることにより、さまざまな疾患を引き起こす原因になっているといわれています。

■炊事とほぼ同量の水を使うお風呂。肌に触れるその水は大丈夫ですか?

product

水道水の中には、浄水場で殺菌のために入れられた塩素が残留しています。塩素は強力な酸化力を持っている為、ビタミン類を破壊したり、元気な細胞を衰えさせるといいます。また、有機塩素化合物のトリハロメタンもとても気になる物質です。毎日の入浴やシャワーで、知らないうちに肌が塩素やトリハロメタンにさらされているのです。

■かゆみや赤みが悪化する?皮膚のトラブルの原因は・・・

product

水道水をそのまま加温した風呂やシャワーには過剰な塩素やトリハロメタンが含まれています。かゆみや赤みがひどくなるなど、アトピー性皮膚炎や敏感肌の症状が悪化するのは、水道水に含まれるこうした有害物質が原因ではないかと指摘されています。また、塩素やトリハロメタンは温度が上がると気化するため、湯気と一緒に吸い込んでしまうことになり、体内に侵入し蓄積した場合の影響も心配です。

■年々需要が増える温水洗浄便座。その水の安全性は?

product

生活様式の変化に伴い、住宅への温水洗浄便座の普及率は年々増加しています。身体のデリケートな箇所を清潔に保つために欠かせないものとなっています。しかし、その際に使用する水道水に不安を感じたことはありませんか?水道水が洗浄する箇所は毛細血管が集まった粘膜なので、有害物質が接触するのは避けたいものです。さらに、薄い皮膚を通して体内へ浸透するといわれており、その上、温水にすることで有害物質の濃度も上昇し、危険性も高まると指摘されています。

トップへ戻る